【あがり症】~1日5分から自律神経訓練法のすすめ~【改善】

自律神経の訓練

おはようございます、カラス君です

 

今回はあがり症の根本的原因の一つ、自立神経の乱れを正すべく、普段の習慣として取り入れられる「自律神経訓練法」を一つ紹介したいと思います

スポンサーリンク

・基本の自律神経訓練その1

やり方:リラックス状態の自身の体の状態を自己暗示により作っていきます。自己暗示なのでやればやるほど効果が上がり、実感できるスピードも早くなります

 

また意識する点としては、①~⑤で意識する自己暗示の感覚はすべて保つこと。つまり①の感覚をもったまま②へ、①と②の感覚をもったまま③へといった要領です

 

最初は感覚を保ったまま他の自己暗示のイメージを体感することは難しいのですが、これも慣れてくると簡単にできるようになります

 

-自律神経訓練法実践-

イメージトレーニングが鍵!

①手足が鉛のように重くなってくる…どんどん重くなってきて動かせないくらい重くなると自己暗示をかける。両手→両足の順番

 

②手足がポカポカ暖かくなってくる。まるで焚き火の近くで温んでいるような暖かさだ。どんどん暖かくなると自己暗示

 

③おでこに涼しい風が吹いていると自己暗示。気持ちの良い風がおでこにあたり、スーッと頭が涼しくなる

 

④お腹がとても暖かくなると自己暗示をかける。まるでお腹のなかに太陽があるようなといったイメージをするとやりやすい

 

⑤心臓の鼓動に注目。「ドク…ドク…」と穏やかに心臓が動いていることを意識。どんどん鼓動がゆっくりになっていくイメージ

 

⑥上記すべてのイメージをしっかりと認識したまましばらくゆったり過ごす

 

⑦やめる時は、「あと○秒ですべての暗示が解けます」と自分自身に自己暗示の解除を宣言してからやめましょう。自己暗示が強くかかった状態ですと体がだるい症状が残ったままになってしまう時もあるので、必ず自己暗示の解除をしましょう

 

~練習場所~

この自律神経訓練法は練習場所を選びません。やろうと思えば通勤電車の中、トイレの中、自宅など、基本どこでもできます

 

が、最初は他の雑音などに気をそらされやすいので、自宅のベッドなどリラックスできる場所で行うことをおすすめします

~練習時間~

この自律神経訓練を行うのであれば、大体5分~10分を目安に行うと良いかと思います

 

外で行うなら5分、自宅で時間がある時なら10分など場所によってメリハリをつけていきましょう

 -自律神経訓練法で得られる効果とは?-

これは皆さん気になるところだと思いますので、ここに得られるメリットを書いていきます

 

普段の自律神経の乱れを整える作用(あがりにくい下地を作ることができる)

同じく自律神経の乱れを正すことによって、就寝しやすくなる

不安が軽減される

ストレスの軽減効果

緊張してしまった時にとっさの対処法として使える

 

ざっとみてこれくらいの効果があります。⑤が気になると思うので軽く紹介させていただくと、この自律神経訓練法でイメージする体の状態というのは「体がリラックスしている状態」なんです

 

つまり、この訓練をすればするほど「神経レベルでリラックスする練習をしている」のと同義になります。なので小手先のテクニックなどよりも2倍も3倍も効果があります

~最後に~

1日5分から手軽にできる自律神経訓練法、如何でしたでしょうか?普段の習慣として取り入れる事で、あがりにくい下地を作れると同時に、症状が出てしまいそうな時にも対処できる術を獲得できる一石二鳥の訓練なんです!

 

ただし、「継続は力なり」との言葉通りで、継続してトレーニングすることで初めて「あがりにくい下地を作る」「本番時にも使えるテクニック」にすることができます

 

それでは、今回はこのあたりで失礼します!

スポンサーリンク