【あがり症 社交不安障害(SAD) パニック障害】人生の大切な選択【あなたの意志】

こんにちは、カラス君です。本日2回目の記事になりました

 

今回は過去の体験を元に得た教訓などについての記事を書いていきたいと思います

スポンサーリンク

~悪化してしまったあがり症~

私は大学在籍時にあがり症から→SAD→パニック障害まで併発してしまい、退学せざるを得ない状態となってしまいました。休学という選択肢もないほどに酷い状態だったんです

 

ですが、そんな状態でもしばらくは歯を食いしばって耐えてたんですね。というのも、もう私自身は「これはもう無理だ。返済する奨学金も増える一方だし、3年の今の内に退学しよう」と考えを決めていたんですね。ところが、両親の猛反対と必死の説得があり、その勢いに負けて4年になるまで通い続けました

 

まあ授業料等払っていたのは私だったのですが

 

結果的には卒業することも叶わず、講義中の発作で勉強にも身が入らず、まるまる一年を無駄にしてしまいました。むしろ症状を悪化させてしまっただけです

 -考え込む日々-

f:id:cielo-f:20190228185253j:plain

「なぜこんなことになってしまったのか・・・」、とひたすら考え込みました。何日も何日も考えました

 

両親はこう言いました「絶対後で頑張ってよかったと思うから!」

 

そりゃ、卒業までできるくらい元気が有り余っているのなら誰だってそう思いますよね

 

でも、もし卒業できないくらいに酷くて、必死に歯を食いしばって頑張ったけども駄目だったってなったら誰が責任をとるのでしょうか?はい、まぎれもない自分自身です

 

 -苦悩の先に得た答え-

結果的に、私は症状の悪化と+80万ほどの奨学金返済を背負う事になりました。もちろん両親は何にも責任なんかとってくれません。ただ、私の退学の意思がもう揺るがないことを知った時に、落胆してただけです

 

この経験から私は強くこう思うようになりました。「自分の辛さは自分にしかわからない。家族はいろいろと口出しはしても、自分の人生、行動に責任を取ってはくれない。全部自分で決める事、自己責任の意識が大事なんだな」という事を強く思いました

 

 ~全てを自分が選択する~

f:id:cielo-f:20190228185643p:plain

誰かの意見を参考にするのは全然良いと思うんです。ですが、それをそのまま自分を通さずに実行してしまうのは、良くないと考えます

 

まず情報が入ってきたら、自分というフィルターを通して選択する。すべて自分が選ぶんです。それってとても素敵な事だと思いませんか?

 

生き辛い症状を患ってしまった。だからいろいろな物事が制限されてしまう。でも、その中からでも自由に自分でいろいろと選んでいくんです

 

人というのは不思議なもので、人から強制されるような事に関してはてんでやる気がでないのですが、自分の意志で動き始めると不思議な底力と勇気が湧いてくるんです

 

-同じ症状で苦しんでいる方へ-

恐らく、この記事を読んでくださっている方々は、同じくSADなどの病気で苦しんでいる方が多いと思います

 

こういう病気を患ってしまうとどうしても自己評価が低くなってしまい、自信がなくなってしまうのですが、それでもどうか自信を持ってくださいと伝えたいです

 

あなたは現にこうして自分の意志で病気に関する記事を読み、そこから何かを得ようとしている。それは「治したい!」「改善したい!」という強い気持ちがくすぶっているからではないでしょうか

 

すでに自分自身というフィルターを通して、選択し、行動している。それだけでも十分に立派ではないですかその自立心があるだけで天と地ほどの差がありますよ。断言いたします

 ~最後に~

ちょっと話が脱線してしまったのでまとめたいのですが、自分自身で考え、行動する事が大切という事ですね

 

自分の人生は自分だけのもので、誰も責任はとってくれないのですから。ちょっと重かったもしれませんが、今回はこのあたりで失礼いたします

スポンサーリンク