【将棋】振り飛車関連の本紹介【本の紹介】

どうも、カラス君です

 

私は将棋では嬉野流という戦法を好んで指しますが、その前は振り飛車党でもあったので、向かい飛車や三間飛車、相振り飛車などは好んで作戦として採用していました。

 

今までたくさん振り飛車の書籍は買ってきたのですが、それらの紹介をしていければと思います。長くなるので、ここから先はコーヒーや紅茶をお供に読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

目次

1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策

 

 

さて、最初に紹介するのは著:安用寺考功さんの「1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策」です。

~振り飛車の中でも最もマイナー?な戦法~

向かい飛車という戦法は振り飛車の中でも最もマイナーな戦法なのではないでしょうか

 

理由としては、相手が飛車先を決めてくれないとその真価を発揮できない戦法だからです(ダイレクト向かい飛車は一つ歩を突かれただけでも使えますが)

 

ただ、カウンターが決まった時の爽快感と戦法自体の攻撃力もあり、向かい飛車が一番好きだという人は多いと思うのです。(私は向かい飛車、三間飛車、中飛車、四間飛車の順で好きです)

 

しかし向かい飛車の書籍はなかなか出版されず、今まで出版されていた本に関しては単に物凄く古くて高価だったり(升田幸三先生の本など)

局面がある指定された局面からの変化しか紹介しておらず、もっと多岐にわたる内容がほしいなぁと思う本だったり

 

対策されてしまい損な作戦になってしまった向かい飛車の派生型戦術書(小倉流向かい飛車、メリケン向かい飛車など)だったりと

 

無難に向かい飛車が学べる1冊というのはありませんでした

無難に学べるようになった向かい飛車

 

しかし、この本が出版された事によって簡単に最新の向かい飛車に関する知識が学べるようになりました。

 

1.角道を止めた型

2.角道オープン型

3.メリケン向かい飛車

4.角交換向かい飛車

5.角頭歩向かい飛車

 

と一通り紹介されています

また、向かい飛車側からの仕掛けの成功例から、それに対する居飛車側の対策まで載っていますので、居飛車党、振り飛車党のどちらが読んでも為になる1冊だと思います

 

居飛車党の方で「向かい飛車対策は完璧!」という方は少ないのではないでしょうか。むしろ苦手にしている人が多い印象を受けます。実はそんな居飛車党の方にもおすすめできる1冊になっています

 

スポンサーリンク

必修!相振り戦の絶対手筋105

 

必修!相振り戦の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

必修!相振り戦の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

  • 作者:杉本 昌隆
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: Kindle版
 

さて、次は著:杉本昌隆さんの「必修!相振り戦の絶対手筋105」について紹介していきたいと思います

~藤井聡太七段の師匠~

杉本先生は、最近怒涛の勢いで昇段して話題になっている藤井聡太七段の師匠になります

 

相振り本は最近になってようやくたくさん出てきてくれたという印象ですが、本書はその中でもすごく読みやすく、かつ実戦で使える手筋や戦型のポイントなどが盛りだくさんです。攻めだけでなく、囲いでの守りの手筋も入っているのが嬉しいポイント

 

最初は例題から始まり、後半には前半の内容の総復習といった感じの次の一手集があります

 

個人的なお気に入りポイントは、本書は相振りの級位者から有段者であっても為になる情報が満載であるという所でしょうか。あと何より読みやすいです(ここが何気に重要だと思います)

~わかりやすい杉本先生の著書~

たくさんの将棋の本を読みましたが、杉本先生の本はその中でも非常に読みやすいと感じます

私はアマ二段ほどですが、この本で学んだ手筋が実戦で役立ったのは数え切れないほどあります。(特に向かい飛車、三間飛車での攻めの手筋と囲いでの守りの手筋)それくらい良い局面をチョイスしてくださっています

~相振りを避けていた大山康晴十五世名人~

振り飛車党の方で、相振りを避けて慣れない居飛車をやったりする方は結構多いと思います。有名な人だと、かの振り飛車党の巨匠、大山康晴十五世名人は意地でも相振りにはしませんでした

 

棋譜を見ても、「え、ここまで振り飛車っぽい態度決めたのに居飛車にするのかw」と思わず驚くくらいの相振り拒否っぷりです

先生の場合は苦手というより何かこだわりがあったのかもしれませんが・・・

 

アマチュアの方で相振りを避ける理由として、

1.定跡が対向型よりも整備されていないので、やりにくい
2.どうしても力戦模様になってしまう
3.振り飛車党としてのプライドがあるので、同じ振り飛車で負けるのは悔しい(←昔の自分の考えです;)
4.攻め方がわからない(←慣れてない人あるあるだと思います)

 

などあるかと思いますが、相振りは慣れたらとても面白い戦型になります。避けるのはもったいないです

~相振り飛車の面白さ~

対抗系の横の戦いとは違い縦の戦いではありますが、相居飛車とも違った感覚が必要なこの相振り。少しでも相手が隙を見せたら振り飛車らしいさばきで一気に技を決めることもできるので、序盤はその技を互いに警戒した囲いあい

 

後半は手筋を使って徐々に相手の囲いを攻略していきますが、下手をすると駒を渡したことによって生じる手筋で自陣が崩壊する可能性もあるのでそこにも気を使う

こう書くと非常に厄介に思えるかもしれませんが、個人的に相振りというのは、振り飛車の豪快な捌きと繊細な手筋、技を十分に発揮できる面白い戦型だと考えています
 
その基礎、骨子の部分はこちらの本が作ってくれると思います

 

スポンサーリンク

速効!振り飛車の絶対手筋105 

さて、振り飛車の基本的な手筋を紹介してくれる本、著者は先程と同じく杉本昌隆先生の「速効!振り飛車の絶対手筋105 」を紹介していきます。

速効!振り飛車の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

速効!振り飛車の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

  • 作者:杉本 昌隆
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: Kindle版

~振り飛車党のバイブル?~

個人的にはこちらの本は「振り飛車全体の基礎的な事柄を学べる」という点において、これほど優しくわかりやすい本はないと感じる良書です。私的に、振り飛車におけるバイブルの1冊になってます

 

とりあえず振り飛車を始めようという方、もしくは振り飛車が好きなんだけどもまださばきの感覚や定跡が覚えられてないという方に特におすすめしたいですね

 

振り飛車党のあるあるだと思うのですが、最初の頃は振る箇所への拘りが強すぎるんですよね;私は向かい飛車が好きでしたので、向かい飛車ばっかり指してました

 

もちろん向かい飛車は相手が飛先を決めてくれないと成立しない戦法ですが、最初の頃はそういうのも無視してただただ「向かい飛車が好きだから」指してました

~振り飛車:三間飛車と向かい飛車~

しばらく続けていると他の筋にもようやく興味が湧き始めます。結果的に、私の場合は振り飛車を指す際には三間と向かい飛車を主軸にすることになりました

 

理由は単純明快で、三間は相手の対応によっては石田流に組み替えることができますので、石田を嫌がる人は飛先を早めに決めてきます

 

そこでこちらも向かい飛車に振る余地が生まれるので、相性が良いと考えたからです。(裏技でメリケン向かい飛車も使える得点付き)

 

という事で、振り飛車をやる際には自分の好きな拘りはあっても良いと思うのですが(四間、三間、向かい飛車、中飛車)、他の筋に振る作戦も用意しておくのとしないのとでは、対応力が天地の差です

 

振り飛車をやる際には居飛車同士の複雑なやりとりは覚えなくても良いのですが、最低限2種類は振る筋の作戦をおさえておきたいところです

 

こちらの本があれば一間飛車以外の振り飛車であれば全て解説が入っていますので、途中までは「この1冊さえあればしばらく他の本いらないな」って思うくらいには重要な本になるかと思います

 

そんな振り飛車党のバイブルになりえる本、個人的には是非一読をおすすめします

速効!振り飛車の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 振り飛車の核心 さばきの基本手筋

 次に紹介するのは、著:藤倉勇樹先生の「振り飛車の核心 さばきの基本手筋」になります

 

こちらの本は、ある振り飛車対抗系の局面から「3択の候補手の内どの手を指すのが正解か」といった次の1手形式で構成されており、それが100問入っております

 

私のおすすめの読み方は、まず3択の候保手を見るよりも前に、盤面を見て自分で何が正解かを考えた後に候補手を確認するといった読み方です

 

この読み方をする事でこちらの本もそうですが、他の将棋本を読んだ時にも頭に入ってくる情報量が段違いです

 

もちろん正解手以外の失敗手順も入っており、間違った際にはその先の変化の解説を読むことで、より理解が深まります

 

「何故この手は駄目なのか?」というのは、ある程度先の局面を見る力と形勢判断能力がないとわからないので、こういった配慮もうれしいポイントです

~難しい「さばき」の感覚~

また、さばきの感覚を鍛える次の1手本というのはなかなかないので、振り飛車党にとって非常にお得な本になるかと思います

 

さばきの感覚というのは振り飛車を指しこなす上で必須の感覚でありながら、非常にセンスを問われるというか、難しいと感じます

そんなさばきの感覚を鍛える次の1手集ですから、個人的にも非常に評価が高い本です

 

振り飛車側は中飛車、四間飛車、三間飛車、向かい飛車、4→3戦法といった局面での次の1手となります

 

ページ後半には中盤局面でのさばきを考える次の1手が入っており、どれも読み応えがあります。4→3戦法の局面をチョイスしているあたり、なかなかに現代振り飛車を意識したチョイスだと感じます

 

著者いわく対象の方は初段前後との事ですが、級位者の方にも非常にわかりやすい本になっていると思います。ただ三段以上の方には少々優しすぎるかもしれませんので、そこだけは注意です

振り飛車の核心 ”さばき”の基本手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

スポンサーリンク

知られざる振り飛車の秘法 真・石田伝説

 

次は振り飛車の花形戦法である石田流を紹介している書籍、「知られざる振り飛車の秘法 真・石田伝説」を紹介していきたいと思います

~振り飛車の理想系、石田流~

石田流は振り飛車の理想形といわれるだけあって、美濃囲いくらい美しさを感じる方も多いのではないかと思います

 

飛車、角、左桂を十分に活用でき、相振りでも対居飛車でも十分に通用する素晴らしい形です。将棋の芸術といっても過言ではないと感じます(あと真部流

 

特に左桂を無理なく使える点が振り飛車党にとっても人気の高い理由の一つかと思います

かの大山康晴十五世名人も「振り飛車は左桂をさばけ」とおっしゃっていたくらいですので、やはり振り飛車において、左桂の活用ができるかできないかは大きなポイントなのです

 

本書はそんな石田流の凄く細かい変化をこれでもか!というくらいに載せてくれています

端歩の付き合いの有無で生じる仕掛け、相手が飛先を伸ばしている時に使える仕掛け、石田流の定番と扱っている仕掛け等々・・・内容の濃さも素晴らしい

1.升田式石田流
2.立石式石田流
3.楠本式石田流
4.中飛車型石田流
5.急戦石田流
6.21世紀の升田式

と、石田流の総まとめといっても過言ではないほどのボリュームであります。本書は石田流を扱う振り飛車党の方々にはバイブルになりえる存在なのではないかと思います

~石田流を使って勝てないと嘆きの方へ~

石田流本組みにせっかく組めたのは良いものの、相手に完全に押さえ込まれてしまいなかなか勝てないという方もいらっしゃるかもしれません。ここで石田流を指す上での簡単なポイントを2つほど紹介したいと思います

・7七桂型に拘らない

たまに相手が石田流側の飛車を圧迫するような指し方を見せている中で、「とりあえず形だから」という事で石田流本組に組まれている方をよく見ます。(対抗系なら棒金、相振りなら右矢倉からの圧迫など)

 

しかし、そういう場合には「可能なら浮き飛車にしない」「7七角型にする」「棒金には金で対抗」など様々なパターンがありますが、局面によって駒組みを柔軟に変えていきましょう

・囲いすぎない

よくあるのが、「相手が居飛車穴熊に組んできたので、自分も振り飛車穴熊にしよう(or銀冠)」と囲い合いをする事ですが、石田流にはバランス重視の囲いの方が相性が良いので、むしろ本美濃囲いが最終系といっても過言ではないです

 

石田流の攻撃体制を整えた後は手早く堅い本美濃囲いに入城し、あとは相手の駒組の隙をついて仕掛ける方向で行った方が確実に勝率が上がります

 

ちなみに石田流に対しての居飛車穴熊は、石田流側から仕掛けの権利がありますので石田流側が指しやすいです

 

知られざる振り飛車の秘法 真・石田伝説 (マイナビ将棋文庫)

「相振り飛車を指しこなす本(1)」 

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

  • 作者:藤井 猛
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本
 

さて、次はは相振り飛車本の紹介Part2となります。著:藤井猛先生の「相振り飛車を指しこなす本(1)」 を紹介していきたいと思います。こちらも相振り本の中では名著だと私が個人的に感じている本です

~藤井猛先生の指しこなすシリーズ~

藤井先生の指しこなす本シリーズは四間飛車シリーズが有名かと思いますが、実は相振り飛車の本もあります

 

また共通点として、次の1手形式の本ではあるのですが、ページを読み進めていくとなんと左側のページが逆にプリントされていきます

これは藤井先生の配慮で、「より多くの問題を考えてほしい」との事でまず右側のページだけを読み進め、最後まで行ったら本を逆さまにして、そこから折り返して読むとのことです

 

実際読んでみますと、これがまた読みやすいんですね。研究家で知られる藤井猛先生の創意工夫が本の構成にもありありと表れているように感じます

~相振りにおける向かい飛車~

こちらの相振り本で嬉しいのは、現在では若干主流から外れてしまっている向かい飛車での攻め筋を中心に扱ってくれている事です。(この本では先手向かい飛車、後手三間飛車を中心に解説が進みます)

 

効率を重視する現代将棋では、相振り飛車においては角道を空けたら自然にその一手を生かせる三間飛車にするのが主流になっています(三間飛車自体も作戦として非常に優秀)。なので将棋本でも必然的に三間飛車での解説が多くなっています

 

ですが、向かい飛車も相振りにおいては王道な戦法であり、相振りを学ぶのであれば是非ともおさえておきたいところです。そういった意味で、こちらの本は相振りにおける向かい飛車を学ぶ方にとってのバイブルになりうると思います

~本書の構成について~

本書の構成は以下の通りになります。

1章.二枚金VS二枚金
2章.矢倉と矢倉崩し
3章.穴熊登場
4章.穴熊への攻め

1章.について

二枚金とは金無双の事ですね。相振りに慣れてないとこの金無双への攻めの手がかりがなかなか掴めないのですが、それを次の一手形式で攻略していきます

金無双は相振りでは頻出する囲いですので是非とも覚えておきたいところです。これは豆知識ですが、金無双の弱点は「うさぎの耳」と覚えておきましょう

2章.について

以前は矢倉に組んだだけで作戦勝ちといわれていた時代がありました。実際、相振りにおいての矢倉は非常に強固で、手筋を知らないと組まれただけで作戦負け必至です

 

そんな矢倉に対して「組む前に速攻をしかけて組ませない」「駒を利かして矢倉にさせない」「穴熊に組んでしまう」等の作戦も有力ですが、「対矢倉攻撃布陣に組み、堂々と組ませてから崩しにかかる」といった作戦もあります

 

この章では自分側が矢倉に組むとして、相手がそれを阻止するためにいろいろと仕掛けを行ってくるので、それにどう対応するかがテーマです

3章.について

対居飛車でも相振り飛車でも課題のテーマ、対穴熊偏になります

 

自陣をまずは右矢倉に組むと仮定として相手の穴熊とどう戦っていくかを学んでいく章になります。ここで学べる事として、穴熊に対する矢倉の相性の悪さという点

 

実際に問題を解いてもらえればわかると思うのですが、矢倉に組む手数がどうしても対穴熊においてはマイナスになってしまい、相手に攻撃姿勢まで整わせてしまう事態になってしまうと作戦負け必至です

 

「矢倉という囲いは必ずしも相振りにおいて正解ではない」という事が実感としてわかります

 

4章.について

穴熊への攻めでは、実際に穴熊を攻略しにかかります。自陣を金無双として囲いへの手数を減らし、その分攻め手に十分な手数を割いて攻略しにいきます。

 

対穴熊の手筋さえおさえておけば金無双で十分に勝てるといった内容になっています。作戦の相性や作戦選択の大切さという事を学べる章になっています

対穴熊では囲いをほどほどに攻撃態勢を整えた方が有利になりやすいんですね

 

以上、藤井先生の相振り本の紹介でした。濃い内容がぎっちり詰まっているので、それを伝える為に少々文章が長めになってしまったかもしれません

 

ですが、これでもまだ本書の魅力を伝えきれていないと思うので、気になる方は是非お手元に置いて勉強してみてください

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

スポンサーリンク

緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム

次は著:佐藤和俊さんの「緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム 」を紹介したいと思います

 

最近はようやく三間飛車の基礎本が色々と出てきたなという印象ですが、本書は対居飛車穴熊、対左美濃における最新の三間飛車を扱ってます

 

三間飛車は非常に奥が深く、対居飛車穴熊に対しての作戦だけでも「カナケンシステム」「コーヤン流」「真部流」「中田功XP」など多岐に渡りますが、今回は本来四間飛車である藤井システムの思想を三間飛車に加えた「三間飛車藤井システム」になります

 

こちらの戦法の特徴としては、思想は藤井システムをそのままに、飛車を三間に振ります。この三間飛車と藤井システムの構想というのが非常にマッチしており、破壊力はそのままに、四間飛車では対応し辛かった急戦に対応しやすいという点があります

~急戦に強い三間飛車と藤井システムの融合~

元々三間飛車というのは居飛車側の急戦に強い面があり、「先手三間に急戦なし」と言われるくらいに安定した戦型です

 

四間飛車の定跡を勉強された方なら、対斜め棒銀の定跡にて三間飛車が一手得をしているというのもご存じかと思います

 

元祖藤井システムにも急戦定跡はあるのですが、形が非常に不安定になるのでかなりの序盤研究と力戦系統の力強さが求められます。そのせいかはわかりませんが、プロの間では後手番においての藤井システムはやや厳しいとされているようです

 

しかしこの三間飛車藤井システムは後手番で真価を発揮する戦法なので、後手番でも使用できるうえに急戦にも強いという良いとこどりな戦型となっています。(後手番での手の遅れを利用した強襲があるため)

~本書の構成~

本書は以下の章で構成されています

1章.対穴熊編
2章.対急戦編
3章.対美濃編
4章.著者実践編

最近では居飛車穴熊だけでなく左美濃も流行りだしているので、そちらの対策も本書にて丁寧に解説してくれています

 

また1章の対穴熊編では三間飛車藤井システムと類似している、「トマホーク」と言われている形も紹介しており、数少ないトマホークの貴重な解説本にもなっています

~異色の振り飛車~

藤井システム系統の将棋全般にいえる事ですが、対居飛穴に特化した駒組を進めると「もうこれ振り飛車じゃないなw」っていうすごい形になることも少なくありません

 

対居飛穴の理想形と言われている真部流。他にもカナケンシステム、コーヤン流の様に、振り飛車らしく戦いたいという美学を持った振り飛車党の方も大勢いらっしゃると思います

 

ですが、藤井システムを使われた経験者の方ならわかると思うのですが、角筋を存分に活かして飛車、桂馬、香車で穴熊を解体していくのは非常に爽快です

 

あれほど強固に感じた囲いが本当に一瞬で砕けるあの衝撃、「今までの苦労はなんだったんだ・・・」と思わされるほどです;

 

居飛穴や左美濃に困っている方、最新の三間飛車を用いて居飛車の囲いを粉砕してしまいましょう!

 

緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS) [ 小倉 久史 ]

 

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)

 

さて、次に紹介するのは著:小倉久史,山本博志さんの「三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS) [ 小倉 久史 ]」です

 

小倉先生は「下町流三間飛車」や「小倉流向かい飛車」などで有名な先生ですね

 

山本博志さんという方は執筆当時奨励会三段だったのですが、小倉先生とは子弟の関係であり、本書を執筆するにあたり小倉先生が三間飛車党であった弟子の山本さんに協力を求めたという背景があります

 

ちなみに山本さんは第63回奨励会三段リーグにて見事昇段をし、現在は四段=プロとなられています

~本書の内容と特徴~

本書は以下の章で構成されています
1章.▲4六銀型石田流:小倉先生
2章.急戦向かい飛車:小倉先生
3章.三間飛車穴熊:小倉先生
4章.△後手5筋不突き型穴熊 対 ▲トマホーク戦法:山本さん
5章.△5四歩型 対 ▲5六銀揺さぶり:山本さん
6章.流行の△3一玉型左美濃:山本さん
7章.自戦記:小倉先生,山本さん
8章.次の一手  

 

以上が本書の構成になります。それでは、一部の章について解説していきたいと思います

2章.急戦向かい飛車について

「三間飛車本なのに向かい飛車?」と思われるかもしれませんが、三間飛車に振った後、相手の態度次第で向かい飛車に振る選択があるという事で載せています

 

つまり純粋な向かい飛車に比べたら一手損をしていますが、それでも対居飛車穴熊では十分に有力です

 

また余談ではありますが、三間飛車というのは石田流を嫌って相手が早めに飛車先を決めてくる場合が多く、向かい飛車に振りなおすというのは有力な作戦です

 

こちらが石田流の駒組を見せて7筋の歩を2つ突いた後、角を7七に設置し、向かい飛車にする形をメリケン向かい飛車と呼んでいます

メリケン向かい飛車も急戦向かい飛車の1種ですが、本書の形は小倉流向かい飛車風の急戦向かい飛車です

3章.三間飛車穴熊について

振り飛車穴熊自体の書籍は存在していますが、三間飛車に絞っていくつものテーマを扱っているのは本書以外には無いのではないかと思います

 

対穴熊、対左美濃、対急戦、対棒銀と気になるところを一通り扱っているのがうれしいポイントです

 

また、本書で驚いたのは三間飛車穴熊側の攻撃陣を石田流に組む変化があることです

 

通常石田流というのはバランス重視の美濃以外とは相性が悪く、絶妙なバランスの上に成り立っている戦法なので初見では「ん?」となったのですが、本書を読み進めて答えがわかりました

 

とても単純な話で、先に振り飛車穴熊に籠ってから理想の攻撃陣=石田流に組めばよいという発想です。くれぐれも石田流→穴熊ではないのでそこは注意が必要です

4章.△後手5筋不突き型穴熊 対 ▲トマホーク戦法について

貴重なトマホーク解説がまたもや出ました。こちらを執筆されたのは現在プロ四段になられた山本プロです

 

最近の若手棋士は研究量が凄く、昭和の大先生達でも研究範囲に入ってしまうとやられてしまうという恐ろしい時代になっています

 

そんな若手の山本さんのまとめたトマホーク研究、非常に丁寧にまとめてあります

 

トマホーク側の狙うべき筋をわかりやすく解説してくださっているので、図と若干違う形の実戦形でも考えを応用する事ができます

 

そして個人的に一番気になっていた、トマホーク側の端歩を角で取られる展開or2四歩で桂馬を飛ばさないようにする形に対してもしっかり対策を解説してくれています 

 

以上、一部の章の説明をさせていただきました

 

本書は基本的な三間飛車の応用編のような立ち位置になるかと思います。内容自体は振り飛車党感からすると大満足なのですが、骨子の部分は育ちにくいかな?と思います

 

なので三間飛車の基本をある程度おさえた後、あるいは三間飛車の基礎本を買って読んでから本書を読むことをおすすめしたいです

 

三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる三間飛車のコツ 

 

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

 

さて、次に紹介するのはノーマル三間飛車の本で、著:大平武洋先生の「これだけで勝てる三間飛車のコツ 」です

 

こちらの三間飛車本は私が今までの記事で紹介した三間飛車本よりも、基本に充実なノーマル三間飛車を扱っています

 

ノーマル振り飛車というのは今でこそ角交換振り飛車やシステム等の新戦法が台頭してきましたが、それでもノーマル四間飛車やノーマル三間飛車も根強いファンが多い印象を受けます

~本書の構成~

こちらの本は以下の章で構成されています

1章.三間飛車三つのコツ
2章.三間飛車のコツ 急戦対策
3章.三間飛車のコツ 居飛車穴熊対策
4章.三間飛車のコツ 左美濃対策
5章.囲い別攻め筋
6章.実戦で出やすい形

個人的にうれしいポイントは、1章で三間飛車の特徴をわかりやすく説明してくれているところですね

 

また、本書での3章,4章では真部流で囲いを攻略していく手順を解説していきます。三間飛車は四間飛車と違い中央に銀を活用できるので、この形を作戦に含めることができるんですね

~三間飛車党の入門書的存在~

本書は三間飛車の入門書といってよいのではないかと思います。基本に忠実な三間飛車は防御寄りではありますが、相手の攻め手に応じて軽くさばき、カウンターを狙うという振り飛車独特の感覚が味わえるのが魅力です

 

また、最新の研究で出てきた三間飛車の派生型戦法、「トマホーク」「三間飛車藤井システム」などは、基本の土台がしっかりしていないと、相手に定跡を外された途端ボロボロになりかねません

 

そういった意味でも基本中の基本を扱った本書は三間飛車党の土台作りに一役買ってくれると思います

 

あとはノーマル三間飛車を扱っている書籍はまだ数が少ないのでこういった本が出版されるのは振り飛車党としてはうれしい限りですね

 

数年前まで入手できたのはほとんど絶版状態の本で価格も高かったので、そういった意味でもありがたい本です

これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

戸辺流相振りなんでも三間飛車

戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

  • 作者:戸辺 誠
  • 発売日: 2009/04/24
  • メディア: Kindle版
 

さて、次に紹介するのは相振り本なのですが、三間飛車限定の内容でまとめた珍しい書籍です。著:戸辺誠先生の「戸辺流相振りなんでも三間飛車」になります。

 

本書は戸辺先生が書籍内で「三間飛車の専門本」とおっしゃっている通り、三間飛車党歓喜の充実した内容の本となっています。相振り自体も三間飛車が主流になっている事もあり、三間飛車だけを取り扱った専門書というのは中々に貴重でありがたいです

~本書の構成~

 
本書は以下の章で構成されています
1章.先手三間飛車 対 後手向かい飛車

2章.相三間飛車の攻防
3章.後手三間飛車 対 先手向かい飛車
4章.後手三間飛車 対 先手新向かい飛車
5章.実践

 

上記が本書の構成になります。相三間飛車以外は定番の三間飛車 対 向かい飛車の図になっています。5章の実践では著者の戸辺先生の相公式戦での相振り三間になります

 

ここで、一部の章の解説をしていきたいと思います

2章:相三間飛車の攻防

 相中飛車の本であれば鈴木大介先生の本があったかと思いますが、相三間飛車の解説本は現時点で戸辺先生のこの本しかなかったと思います

 

この章の冒頭にて、戸辺先生は「相三間飛車においては一手分の利をうまく生かせれば作戦勝ち」とおっしゃられていますが、続けて「そのためには手筋やポイントをたくさん知っておきたい」ともおっしゃられています

 

相振り全体にいえる事ですが、相振りでは駒組において技をかけられないよう慎重に動いていく必要があります

いうなれば、手筋やポイントを知らないと簡単に技をかけられてひっくりかえされます

 

4章.後手三間飛車 対 先手新向かい飛車

 この先手新向かい飛車とは何ぞやというと、6八銀→6七銀を保留して7七角→8八飛とすぐに向かい飛車に振る作戦のことを指しています

ちなみに3章の後手三間飛車 対 先手向かい飛車では6八銀→6七銀型にしてからの向かい飛車で解説をしています

こちらの新向かい飛車の作戦は戸辺先生が「優秀」としていて、理由としては6七銀を保留して6八銀型で待機することによって、角道を開ける6五歩を早めに突ける事

これが三間飛車側には厄介で、下手な駒組をしてしまうと角交換からの相手からの角打ちのキズを作ってしまいかねないので神経を使います


三間飛車側は3章の対向かい飛車では穴熊での対抗を解説していますが、4章の対新向かい飛車では穴熊は厳しいので、美濃囲いにして対抗する形を解説しています

 

以上ざっくりと本書の内容を説明させていただきました。こちらは三間飛車の専門書と言われていた通り、内容の濃い三間飛車本になっています


ですが、向かい飛車の勉強目的で読んでも十分に勉強になります。相振りにおける戸辺流の手筋が満載ですので、振り飛車党、特に三間飛車や向かい飛車が好きな人は是非読んでみることをおすすめします

戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 石田流のコツ 

これだけで勝てる 石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

  • 作者:大平 武洋
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

最後に紹介するのは石田流の基本定跡本になります。著:大平武洋先生の「これだけで勝てる 石田流のコツ」です

本書は以下の章で構成されています
1章.石田流の三つのコツ
2章.石田流に組むまで
3章.対急戦編
4章.対左美濃・銀冠編
5章.対居飛車穴熊編
6章.覚えたい局面

前に紹介した「これだけで勝てる三間飛車のコツ」とほぼ似たような構成になっています。ただ内容は石田流ですので同じ三間飛車でも大分違いがあります

~石田流についての本書の解説~

本書における石田流の理想図は下記の参考図になります。石田流では角交換に備えて銀を7九で保留する型等もありますが、こちらは対居飛車においての一般的な理想図と言えます
▲4六歩が気になる方がいるかもしれませんが、将来の角打ちに備えつつ、銀を引いて4枚美濃にする含みを持たせた味よし道夫な一手です

~石田流は組めればラッキー~

 
石田流はその優秀さゆえ、拒否してくる人が多い戦法です。本書でも解説をしていますが、石田流の構えを見せても早めに飛車先を決められてしまえば、石田流は諦めざるをえません

どうしても石田流に組みたいというこだわりの強い方には、立石流7七飛戦法ををおすすめしたいです

~本書の特徴~

 
本書の最大の特徴は、石田流を組む前と組んだ後の丁寧な解説。また6章にて「石田流を組む上での重要な局面」のみをチョイスして次の一手形式で解説してくれている事でしょうか

これから石田流を学ぼうと思っている方には非常にうれしいポイントではないかと思います

また私自身うれしいポイントとしては対急戦編で棒金と右四間飛車の対策を解説してくれているところです

阿久津先生の書籍にて棒金には棒金で対抗という項目がありましたが、こちらは金ではなく純粋に一手一手で対応します

金で対抗してしまうと美濃囲いが薄くなってしまうので私的にはこちらの対策の方が良いかなと思っています。また、石田流で右四間飛車対策をしているのはこの本以外見た事がないです

そういう意味では石田流初心者だけでなく、ある程度定跡をかじった人でも十分に有益な本になるかと思います

まとめ

以上、今までお世話になってきた本達の紹介をしてきました。振り飛車党の方々の参考になってくれると嬉しいです
 
では、今回はこのあたりで失礼いたします
スポンサーリンク