【卓球】カットマンの表ソフト横回転レシーブ

どうも、カラスのカットマンです

 

今回は技術紹介的な記事にしようかと思います。その名も「横回転レシーブ」です

 

スポンサーリンク

 表ソフトカットマンの課題の一つ

表ソフトに転向したばかりのカットマンで悩む技術の一つにレシーブがあります

 

粒高時代にはプッシュだったり当てるだけで良かったものが、回転の影響をそれなりに受けてしまう為にうまくレシーブができない→バックを集中的にサーブで狙われるという事態が発生し、非常に困ります

 

実際私もこの問題に直面した事があり、サーブの上手い練習相手に心を折られた経験があります。練習試合で4試合ストレート負け、バックスペクトルにサーブを集中され対応できずフルボッコに

 

溜まったキチゲを開放する為に絵を書いたのですが、これで当時の心境を察してください

 

f:id:cielo-f:20201116135256j:plain
発狂して書いた絵

 

スポンサーリンク

対応力抜群の表ソフト横回転レシーブ

前置きはこのあたりにして、実際表ソフトではレシーブ技術がとても大事。なので、調べ、考え、練習した結果、「横回転レシーブ」の対応力の高さに気づくことができました

 

なので、その横回転レシーブの感覚のお話をしていこうかなと思います

 

巻き込み、順横サーブから考えてみよう

前提として、右利きの相手が巻き込み、順横を出すと想定してみましょう

 

・巻き込みの場合にはサーブは逆回転です、なのでラバーにぶつけると左側に飛んでいきます

・順横サーブの場合には名前の通り順横回転(時計回り)ですので、ラバーにぶつかると右側に飛んでいきます

 

レシーブを考える時にはまずこの「ボールが回転している方向」と「どちらに飛ぶか」を考える必要があります

上回転と下回転、ボールの勢いなども考える要素

 横回転でも上横回転、下横回転など上下の変化が交じる事が多いです。実際完全な横回転などは少ないのではないでしょうか

 

あとはボールの勢いに関すること。中国卓球では「発力」と「借力」という考え方があります。これは読んで字の如く、自身でボールの力を加える事と、相手のボールの力を借りる事を指します

 

相手のボールの勢いが強いと自分の力を前に加えた場合に簡単にオーバーしてしまいます。なので、前に飛ばす力は最小限にしないといけません。この「借力」の考え方はレシーブをする上で大事な考え方になるので意識してみましょう

 

逆に、相手のボールの勢いが無い場合は自身で力を加えてボールを相手コートに入れる必要があります

実践、横回転レシーブ

 表ソフトでの横回転レシーブは、全部右方向に擦る事で返します。順横だろうが巻き込みだろうが、全部右方向にラケットを振ります。スイングのポイントは、手首と肘から先の前腕の振り。これで右方向に振ることを意識してみましょう

 

では、順横へのレシーブから見ていきましょう

順横は時計回りにボールが回っており、ボールが右側に飛びます。これを右側に擦りながら返すにはどうするか…相手のスイングの速さから回転量を見極め、ボールが右に飛ぶのと同じくらい右に素早くラケットを振って擦ってあげる事

 

では、巻き込みへのレシーブはどうでしょうか?

ボールは逆回転、つまり反時計周りでボールは左側に飛びます

 

反時計周りという事は、右方向に擦すると回転に逆らわずに返すことができます。よって流しレシーブのように相手の回転を利用して、そのまま相手の台に回転を残して流すイメージでラケットを右に振ります

イメージとしてはこんな感じです↓

f:id:cielo-f:20201116225514p:plain

 

上と下が混じった横の場合

上斜め横回転の場合と下斜め横回転でも少し角度の調整が必要になってきます

上成分が多いと上にぽーんと飛んでしまいますので、ラケットを45度~80度くらいに立てて返しましょう

下成分が多めの場合はその逆、そのまま返球するとネット直行なので、30度~45度くらいに調整して返球しましょう

ロング、ショートでの使い分け

回転だけみれば上記の方法で良いのですが、サーブには長短があります。つまりはそこにも対応する必要がありますね

 

ここで必要になってくるのが前述した「発力」「借力」

ロングサーブはこちらのラケットにぶつかってくるエネルギーが大きいです

という事は?

こちらから前に押し出す必要はないという事。相手の力を借りる「借力」です

オーバーさせないように、横回転レシーブで右方向に振り抜く際、右方向にエネルギーを分散してあげるイメージで返しましょう。

 

ショートの場合はどうでしょうか。こちらのラケットにぶつかるエネルギーが小さいです

という事は?

ある程度前に送る力を自分で作ってあげる必要があります。自身で力を加える「発力」ですね

 

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した横回転レシーブは相手のサーブに対してだけではなく、ラリー中の横回転ツッツキとしても使えます。練習して使いこなせるようになれば大きな武器になります

 

私はWRMさん特注回転系表ソフトの「クレア」を使用しているので特にこの技術がやりやすいのかなと感じました。ただスペクトルなどでも可能だとは思います(難易度は上がりますが)

では、今回はこのあたりで失礼いたします

スポンサーリンク