【雑記】図書館で働く

 

どうも、カラス君です

私は以前大学図書館で働いたり、特殊な勤務形態で1日ごとに違う図書館の現場サポートを行っていた時期があります

という事で、今回は「図書館で働く」ということをテーマに書いていこうかなと思います

 


図書館の種類~


図書館というと、まず大多数の人が想像するのが公共図書館。身近にある町の小さな図書館から、市の中央図書館など、身近な存在ですね

 

次点で学校の図書室や大学図書館等でしょうか。しかし+αである専門分野に特化した専門図書館や企業の中にある企業図書館(図書室)等もあったりします

 

企業図書室は会社ビルの中に入っていて、その会社関係者専用だったりもしますし、地域に開放している場合もあります。ちなみに私のサポートしていた企業図書室はバックにコーヒーサーバーがあ

り、コーヒー飲み放題の神環境でした

コーヒーが飲み放題…そんな現場もある

 

雇用形態~


図書館で働くとなると、「公共図書館なら地方公務員、大学図書館なら大学職員」

 

働くには狭き門をくぐり抜けないといけない的なイメージが漂っている感がありますが、実際はその限りではありません

 

確かに、上記のような就労方法もあります。が、何年も前から図書館業務を一企業に業務委託するケースが増えてきました

 

現代の図書館は業務委託化が非常に進んできていますので、色々な図書館、図書室に企業の人間が居ます。公共図書館に関してはアルバイトの方も多いです

 

つまり、昔に比べると高く狭き門というわけでもなく、働こうと思えばアルバイト、契約社員や正社員として働くことが可能です

スポンサーリンク


給料~

スポンサーリンク

気になる給料ですが、アルバイトの場合ですと一般的なアルバイトの平均給与くらいは貰えると思います。しかし、専門的な知識を持っている方(受入業務のできる方)と、図書館司書資格を持っている方は通常よりも給料が高くなるケースが多いです

 

契約社員や派遣の場合ですと、東京ならば大体月10~16万程でしょうかもちろん司書資格を持っていたり、英語がぺらぺら、ILLといった難しい業務をこなせるとなるとどんどん給与は増えます

 

正社員なら会社にもよりますが、月18万↑~+ボーナスがあったりします。こうなると普通の会社員みたいですね

大学職員、地方公務員として図書館で働く~

こちらは最初に例に出した狭き門を通った上での図書館業務になりますので、給料は年間300↑になるかと思われます

しかし、「図書館という場所で働くことに拘る」のであれば職員や公務員はおすすめしません

私は10数箇所の大学図書館を回っていた経験があり、色々と大学事情等にも通じる機会があったのですが、まず大学職員は

1.大学職員は異動が当たり前。図書館で働き続けられる例はあまりない
2.行う業務は主に運営。図書館業務というよりかは会社運営に近い

と上記の2点からあまりおすすめしません


地方公務員に関しては
1.まず門が狭すぎる。苦労して入っても、配属されるかどうかは運しだい
2.やはり別部署への異動がある

と、こちらも似たような理由です

どちらも給与自体はとても良いです。良いのですが、仕事内容や図書館で勤務できる年数に不安が残ります

~図書館司書らしく働く~

最初の方で書かせていただいたとおり、最近の図書館は委託化が進んできており、カウンターに座っている人間が職員ではなく企業の人間だったという事が当たり前になってきています

そこそこの給料が稼げてなおかつ図書館司書らしい仕事をしたいのであれば、私は企業に入って「契約社員」「正社員」として働く事も十分検討していいと思います

では、今回はこのあたりで失礼します

参考文献など↓

赤木かん子の図書館員ハンドブック分類のはなし―学校図書館で働く人のために


 

司書になるには (なるにはBOOKS)

 
 

スポンサーリンク



スポンサーリンク