【雑記】上手な転び方~頑張りすぎてしまうあなたへ~

  • 2020年11月28日
  • 2021年2月5日
  • 未分類
  • 2view
  • 0件

どうも、カラス君です

 

日本人に多いのですが、頑張って頑張って、結果ポキっと折れてしまう。俗に燃え尽き症候群と言われるものだったり、鬱と言われるものだったりと、大変な心の怪我となってしまう事が多々あります

 

そういう人は、上手な転び方を知ると、もしかすると人生が少し軽く、楽になるかもしれません

 

上手に転ぶって何だろう。今まではがむしゃらに頑張って走り続けてきた。疲労が溜まりに溜まって結果大怪我へと繋がってしまっていた。それなら、少しでも辛いと思った時に、軽く転んでみよう

 

無理に見栄を張る必要はない。無理に意地を張る必要はない。無理に気丈に振る舞わなくてもいい

 

無理をしなくても、人は生きていける。それなら、辛さを感じた時、軽い挫折をしてみよう。石に躓いて転んで、軽く膝を擦りむいた。骨折よりかは幾分マシ

 

 

どうしても〇〇しなくちゃいけない。それは本当に〇〇しなくてはいけないのか?

 

 

自分が〇〇しなくちゃいけない。それは本当に自分でなくてはいけないのか?

 

 

責任感の強いあなた。何かを多く背負い過ぎてないですか?

 

 

どうしても外せない約束。どうしても辛いのなら仮病してもいいじゃない。

 

どうしても行かなきゃいけない仕事。たまにズル休みするくらいいいじゃない。

走って走って走り疲れて、大怪我するのがわかっているのなら、ズルして転んでもいいじゃない。

 

人間完璧じゃないほうが、人間味があって楽しい。世界ってそういうもの

 

はい。という事で、無理は良くないよって事ですね。何事も程々が1番、良い意味での適当が1番です

 

では、今回はこのあたりで失礼します

スポンサーリンク



スポンサーリンク