ハシボソガラスとハシブトガラス(+ワタリガラス)

どうも、カラス君です

 

普段見慣れているカラス君達、そのカラスちゃん達には色々と特徴があったりするのをご存知だろうか? 

なに?知らない? 

それはもったいない!今すぐに知るべきだ(↓任意強制)

 

 

 ハシブトガラス

やけにでかいカラスに遭遇したことはないですか?それはハシブトガラスかもしれない

ハシブトガラスはハシボソよりも基本体が大きい。翼を広げると中々に迫力ある姿だ

 

そして、「いかにもカラス」というカァーという鳴き声。この1点の濁りもない純度100%の素直な鳴き声も特徴の1つである

 

あとハシブトっていうのは名前の通りくちばしが太い。そして形がアーチ状というか、少し曲線を描くのが特徴だ

このくちばしの形でカラスを見分けられるのなら、その時点で相当な猛者。あなたはカラスへの”道”を一歩歩んだことになるのだ

 

あと公園や緑地なんかでステップしてるカラスを見たことないですか?

それもハシブトの可能性大。足の構造が歩くのに適していないので、地面ではステップで移動するのだ

ただ、基本高いところにいるのが好きなカラスちゃん達なので、地面ステップしてるのはたまにしか見られないが

 

え?見たことがあるって?それは大幸運ですよ。間違いない、私が保証する

 

あとベランダからハンガーをよく持っていくのもこの個体。ハシボソよりも都会への適応能力が高かったのか、人間との距離が1番近いカラス君になっているのだ

 

他にも、おでこが突っ張ってたりする。正面から見るとたまに宇宙人に見える個体もいるよ。宇宙人でも可愛い、そう、可愛いのだ。ほらっ可愛く見えてきたでしょう?

f:id:cielo-f:20201208113912p:plain

スポンサーリンク

ハシボソガラス

スポンサーリンク

なんかしゅっとしたような、スッキリした感じのべっぴんさんなカラス嬢を見たことないですか?それはハシボソかもしれない

 

ハシボソガラスは基本ハシブトよりも小さい個体が多い

たまに栄養状態が良いのかすごく体格が良くでかい個体に巡り合うこともあるが、それはかなり稀である

 

カラスちゃんが地面をてくてく歩きながらくちばしで地面を突っついてるキュートな場面に出くわしたことはないですか?それはハシボソでしょうね

ハシボソはハシブトと違って地面によくいる。そしてテクテク歩く、ここ萌え萌えポイントなので抑えておきましょう

 

ハシボソの鳴き声はカラスなんだけど、ちょっと濁音混じってる。「がぁー」って感じ

でも決して怒っている感じではなくて、むしろ頑張って声出してる感あって可愛い

そう、可愛いのだ。可愛く聞こえてきませんか?ほら、キュートな鳴き声が頭上からあっ!

そして、おでこは特に出っ張ることもなく、くちばしはストレートな感じで真っ直ぐ。どこからどうみても可愛い鳥さんなのである

宇宙人に見えるハシブトとは天と地の違いだが、これが個性というものなのだ

そういった顔立ちなので、成鳥になって間もないカラス君に見えたり、えらいべっぴんさんに見えたりするのも特徴。人間に例えるなら美女であり、塩顔優男イケメンである

↓こんな感じ

f:id:cielo-f:20201208132033p:plain

ワタリガラス

実はカラスには渡り鳥の種類もいるのだ。それがワタリガラス。ワタリガラスは非常に賢くかつ長生きで、人間の飼育下であるなら40年~50年ほど生きる

ワタリガラスは日本で見るとなると、本来北海道でしか見ることができない。が、しかし私は出会ってしまった

仕事で2ヶ月ほど神奈川県の由比ヶ浜付近に行くことがあり、そこで発見した。体がとても大きく、ハシブトとハシボソを威嚇して常に1匹狼の威厳溢れるカラスがいると思ったら、ワタリガラスであった

たまに迷い鳥として他の地域でも見れる事があるらしい。そう、その場面に私は出くわしたのだ。あのなんとも形容しがたい声と、毛並み、体の大きさはかなりのインパクト。毛がよく逆立っていて歴戦の猛者の雰囲気満々だったのを思い出す

ワタリカラス君が来る北海道正直羨ましいっす

過去の記憶↓のワタリガラス

f:id:cielo-f:20201208133400p:plain

まとめ

みんな違って、みんな可愛い

みんな違って、みんな賢い

みんな違ってみんなカッコいい

つまり、カラスを知ると世界平和への”道”となるのである

       ~完~

スポンサーリンク



スポンサーリンク