【Darker】CREA特薄レビュー【カットマン】

  • 2021年5月14日
  • 2021年5月14日
  • 卓球, 趣味
  • 26view
  • 0件

どうも、カラスのカットマンです。今回はかなりレアラバーのDarkerさん販売の表ソフト、CREA特薄のレビューをしていきたいと思います

過去のCREAレビューはこちら↓

【Darker】表:CREA-ox-レビュー【カットマン視点】

【卓球】WRMさんのクレア(カットマン用)をレビュー

実は存在していたCREA特薄

普通に調べてもCREA特薄というのは見つかりません。Darkerの商品カタログにも載っていないですし、国際卓球などを始めとした各卓球店舗にもおいてないですからね。ですが、あるんですよ↓

横浜みなみ卓球(株式会社ダーカー特約店):https://miraijyu.shop-pro.jp/?pid=148892086

WRM(ワールドラバーマーケット)特注のCREAとも違います。Darker特注の0.5mm、25度のスポンジを用いたカット用、ラージボール用のラバーとなっています

スポンサーリンク

実際に打ってみて

なるほど、スポンジの柔らかさの影響か非常に球持ちが良いと感じる。しっとりと受け止めるという表現で正しいのかわからないが、感覚的にはそんな感じである

カットの感触

球持ちの良さ故にカットはかなり切れる。引っ掛けている感覚もかなりある。毎度お馴染みの中ペン中国ラバーを使う練習相手が持ち上がらないカットをお見舞いすることができた。若干失速もするようで、何回か練習相手がスカっていた。が、イレギュラーするほどの回転はどうしてもかけられなかったので、回転量ではWRM特注のCREAに劣ると感じる

ツッツキ

シートの引き攣れでひっかかる感覚があり、oxと同じ感覚でツッツキをしようとするとネットへ直行する。これは慣れが必要だが、回転は十分にかけられる。しかし、CREA-ox-やWRM特注CREAのようなある程度のハジキの強さがあるCREAの武器である横回転ツッツキは非常にやりにくさを感じる。相手の回転の影響を受けやすいため、それを考慮した打ち方にする必要がある

レシーブ

これが課題である。WRMの特注CREAやCREA-ox-はその弾きの良さからあまり相手の回転の影響を受けないため、質の高いサーブを受けたとしてもなんとかなる安心感があったが、今回のCREA特薄ではそういうわけにはいかない

回転の影響をもろに受けるので、ある程度のレシーブ技術が要求される。ミスをしたくないカットマンにとっては懸念点か

ドライブ

CREAの中では一番攻撃のしやすさを感じた。持ち前の球持ちの良さと引き攣れのおかげでかなりいいボールが打てる。まさに回転系表ソフトといった感じだ。ミート系技術も出来ない事はないが、前述の理由でミートにドライブ成分を足した感じの打球がかなりいい感じである

 

総評:カラス君の使ってみた感想

カット(切れ味):WRM特注CREA- > CREA特薄 > CREA-ox

 

カット(安定感):CREA-ox- > CREA特薄 > WRM特注CREA-

 

ツッツキ(総評):CREA-ox- > WRM特注CREA- > CREA特薄

 

台上技術:CREA-ox-  >  WRM特注CREA  >  CREA特薄

 

ドライブ:CREA特薄 > WRM特注CREA- > CREA-ox-

 

このような結果になった。ドライブのしやすさは群を抜いているが、それ以外は他のCREAに敵わないと感じた。カットの切れ味であればWRM特注の異常な切れ味には敵わないし、ドライブ以外の安定感においてはoxに敵わない

しかし、球持ちの良さと回転のかけやすさはピカイチではあるので、これを活かせる方であるなら非常に良い選択肢になるかもしれない。元々バック裏ソフトを利用してた方には、他のCREAよりもこちらのほうが馴染みやすいと思われる

 

では、今回はこのあたりで失礼いたします